契約書の内容は必ずすべて目を通そう

オフィス

賃貸事務所を申し込む場合、一般的には不動産業者との契約が必要となるため、不動産会社が用意している契約書に目を通して記入します。この時注意したいのは、契約書の内容をすみからすみまで把握して契約しないと、後でトラブルの元となる可能性があることです。契約書には契約をする上で重要な条項がかかれているため、必ずどの項目も目を通し、納得したうえで契約しなければなりません。契約内容によっては後で記述されていた、されていないといったトラブルが実際に発生している為、記述内容をよく読むことは重要です。また、用意する書類としては会社の登記事項証明書や代表者の印鑑証明書を用意しておくことになるため、忘れないように担当者に用意させましょう。

コストを抑えて事務所を構えられる

間取り図

起業したばかりの会社にとって賃貸事務所の人気が高い理由として、初期費用を抑えて事務所を確保できることにあります。自社ビルや自社の不動産物件を用意すると初期費用が掛かってしまう為、できるだけコストを抑えて事務所を確保したいときに、賃貸事務所は利便性が高いです。また、メンテナンスなども一定の料金が毎月の賃料に含まれているため、事務所のオーナー側で行ってもらえるのも人気の理由の一つとなります。事務所によっては居抜きとなっていることもあるため、レンタルで必要な機材を仕入れることなく、通常の貸事務所よりもさらに割安な価格で借りることができるのもポイントです。また、事務所の周辺環境によっては地域でも名の通った場所に事務所を構えることが可能となるため、他社からの信頼も高くなります。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3