HOME>トピックス>不動産会社は貸主と借主を結ぶ役割をもっている

目次

こんなシステムである

賃貸事務所は賃貸契約を結んで利用できるスタイルの貸事務所で、便利な街中立地でオフィスを構えたいという場合にとてもメリットがあります。賃貸事務所を借りたい場合には、不動産会社を間において契約を行うことが一般的な仕組みで、物件を貸したい人と借りたい人の仲立ちをしているのが不動産会社です。不動産会社を経由して賃貸契約を結ぶことで、貸す側と借りる側が納得しやすい仕組みで借りることができるのが大きなメリットで、不動産会社はとても重要な役割を果たしているといえるでしょう。

仲立ちをする

賃貸事務所を借りる時には、まずは不動産会社に良い物件を紹介してもらい、借りるための条件や家賃などを検討してから申し込みをします。そして、不動産会社は借りたい人が申し込んだ後に、物件のオーナーに問い合わせをしたり、賃貸契約の締結などについて伺い、OKであれば契約書類を整えるなどします。物件の賃貸契約は貸したい人と借りたい人の双方が合意して行われますが、その合意事項について丁寧な説明を提供しているのも不動産会社です。このように、賃貸事務所の契約において、不動産会社は大切な仕事を行っているといえます。